そんなデブリ苦悩を解決するためにはロボット

時代は2070年代。宇宙開発が盛んになり人々は宇宙ステーションや月面へという生活の場を移しつつあった。

但し、あんな時代になってもなくならないものがグループだけあった。

それは「ごみ」です。使えなくなった人工衛星、ロケットの残骸など宇宙空きで余りデブリと呼ばれるごみは本当はとても危険な物質だった。

弾丸や、重み兵器が猛スピードで当たる結果、地球軌道上ではしょっちゅう旅客機などと衝突し悲惨な災難を巻き起こしていた。

そんなデブリ苦悩を解決するためにはロボットなのでは無理であり、人類が地道に拾って出向くしかないのだった。

そんなデブリを狙う勤務です「デブリ屋」として動く邦人のキャラクターハチマキはデブリを幅広いながらさまざまな苦悩にぶつかって行く。

地上に残された貧窮苦悩や、はたらく地点のわけ。妄想を追い掛けるか、それとも内幕を受け入れるか。

リアルなSF人まねという人間の精神や、奥底にある未知の国々への目当てや気がかりっていう想い。そうして、何とも人間のキャラクターなどを丁寧に描かれておる本力作はただのSF戯画としてよむのはもったいないほどの力作です。SF戯画でありながら最近を通じる当方も共感できる地点がたくさんいらっしゃる力作だ。

読まれていないお客にはどうしてもおススメ目指す一冊。