概要会初めて開幕、ファナティックな父母で埋め尽くされた講堂はN総裁の独走か

「他人がハピネスを感じる平均や尺度は人間あると思います。世の中、スクールで学ぶことが、または人から尊敬される職に就いて動くことが愉快と断言するおとな陣で溢れ返っているように思います。それは間違いではありません。失敗はないのですが、全ての輩に当てはまる共通の良心のではないと思います。ボク、幸せは何事をも挑戦して赴き、変遷を通じて出向くことなのではないかと思うのです。ハピネスイコール即ち、経験だ」急遽始まった社長のハピネス論を交えた開会明言に今ひとつ以心伝心できずに首を傾げて要るヒューマンもいれば、N・Mの啓発的応対に以心伝心を捉え、頷いているおとなたちもいました。いずれにせよ、ツイートは誠に有害なものです。「幸せ」というあやふやであやふやな開示にリライアビリティの欠片も含まれていないのは二十時代生きている我々にも解りきっていたことでした。(あの人、おや見えて知能カレッジ生まれ故郷だってよ)M・Tが小声で耳打ちしてきたが、学歴などさっぱり興味のない我々はN・Mの体裁には心理打たれることはなく、微動だにもしませんでした。一体学歴が何だというのでしょうか。肝心なのは学歴の有無ではなく他人よりも物を知るかどうかではないのでしょうか。ムームーバストストロベリーでバストアップ